学会・研修会情報 > バックナンバー > 2013年
2017年 第58回 学会
2016年 第57回 学会 / 2015年 第56回 学会 / 2014年 第55回 学会 / 2013年 第54回 学会 / 2012年 第53回 学会
2011年 第52回 学会 / 2010年 第51回 学会 / 2008年 第49回 学会 / 2007年 第48回 学会 / 2006年 第47回 学会
2005年 第46回 学会 / 2004年 第45回 学会 / 2003年 第44回 学会 / 2002年 第43回 学会 / 2001年 第42回 学会

平成25年度北海道矯正歯科学会研修会のご案内 2013年11月17日

リンガルオルソドンティクス20年の移り変わり
赤坂まつの矯正歯科 松野 功先生

講師:赤坂まつの矯正歯科 松野 功先生

  • 1983年 北海道大学卒業
  • 1987年 北海道大学大学院卒業
    北海道大学歯学部文部教官助手
  • 1993年 北海道大学歯学部講師
    赤坂まつの矯正歯科開業
    東京警察病院形成外科 非常勤勤務医
  • 1996-98、2005年 昭和大学 臨床教授
  • 2007-2009年 日本舌側矯正学会会長

研修会内容

1976年、メードインジャパンのリンガルオルソドンティクスは藤田先生によって開発された。時を同じくしてカーツ先生が登場し、アメリカでもリンガルオルソドンティクスのスタートの旗が振られた。いまから37年前の事である。私がリンガルとの関わりを持たせてもらったのは、北海道大学の矯正科である。今年で卒後30年になるので、かなり画期的な国立大学の矯正科だったことは間違いない。その北大から現在のクリニックを開設して今年で20年になる。この20年間、私の臨床の中でリンガルオルソドンティックはどう変化し、どう発展してきたのかを4つのセッションにわけて、できるかぎり臨床例を多く含めてお話ししていきたいと思う。

  1. リンガルオルソドンティクスの開始
  2. インダイレクトボンディングとの戦い
  3. 各種リンガルブラケット戦国時代
  4. セルフライゲーティングシステムへの移行
  5. リンガルオルソドンティクスの回顧と将来

日  時
平成25年11月17日(日曜日) 10:00〜16:00(9:30 受付開始)

会  場
北海道歯科医師会館 2F 大講堂 札幌市中央区北1条東9丁目11番地

研修会費(昼食付)

事前登録 当日会費
北海道矯正歯科学会会員 7,000円 9,000円
非会員 15,000円 17,000円

申し込み要領
参加費をお振込の後、申込書内の事項をe-mailにて送信してください。
申し込みは、e-mailでのみ受け付けます。

日歯生涯研修事業認定研修会になっていますので、当日はICカードをお持ち下さい。

事前登録期限
11月8日(金曜日)領収書は発行しません(振込受領書をご利用ください)。

振込先
北海道銀行本店 普通口座 2920930
北海道矯正歯科学会 会計 喜多宏明

申し込み先・問い合わせ先
〒060-0001 札幌市中央区北1条西3-3-25 おかもと矯正歯科クリニック
電話番号:011-207-3444 E-mail:info@siretu-kyousei.com

平成25年度北海道矯正歯科学会研修会のご案内(PDF形式)


第54回 北海道矯正歯科学会 2013年6月16日

第54回北海道矯正歯科学会プログラム 2013年6月16日

一般口演(大講堂 2F) 9:30〜10:30 【座長 林 一夫】

9:30  1.骨接合材を固定源として用いた症例の臨床統計
      北海道大学大学院歯学研究科 歯科矯正学教室
      ○日下部豊寿、佐藤嘉晃、斉藤文男、山方秀一、金子知生、山本隆昭、飯田順一郎

9:40  2.北海道大学病院歯科診療センターにおける骨接合材の治療結果
      北海道大学大学院歯学研究科 歯科矯正学教室
      ○斉藤文男、佐藤嘉晃、日下部豊寿、山方秀一、飯田順一郎

9:50  3.骨接合材を用いた歯列の遠心移動は有効か?
      北海道大学大学院歯学研究科 歯科矯正学教室
      ○佐藤嘉晃、日下部豊寿、斉藤文男、山方秀一、飯田順一郎

10:00  4.Edgewise装置の力系における固定源の設計 【座長 今井 徹】
      北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野
      ○鳥谷奈保子、上地 潤、溝口 到

10:10  5.即時牽引した歯科矯正用アンカースクリュー周囲骨の評価
      北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野1、保田矯正歯科2
      ○中垣 晋1、飯嶋雅弘1、保田好隆2、溝口 到1

10:20  6.歯科矯正用アンカースクリューを用いてカムフラージュ治療を行った
      骨格性III級を呈する2症例
      保田矯正歯科1、北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野2
      ○保田好隆1、飯嶋雅弘2、溝口 到2

総会(大講堂 2F)(10:30〜10:50)

日本矯正歯科学会による歯科矯正用アンカースクリュー説明会(大講堂 2F)(11:00〜11:30)
      日本矯正歯科学会医療問題検討委員会
      矯正インプラントアンカーガイドライン策定ワーキンググループ委員 本吉 満 先生

特別講演(大講堂 2F)(11:30〜12:30) 【座長 正木史洋】
     「歯科矯正用アンカースクリューを極める」
      日本大学歯学部歯科矯正学講座 本吉 満 先生

12:30〜14:00  昼休み

ランチョンセミナー(大講堂 2F)(12:40〜)

13:30〜14:00  症例報告 口頭試問(第3会議室 4F)
13:30〜14:00  症例発表(展示) 質疑応答(第1会議室 4F)

スタッフ&ドクターセミナー(大講堂 2F)(14:00〜15:00) 【座長 溝口 到】
      「矯正治療中のプラークコントロールに欠かせないこと」
      講師 株式会社オーラルケア 吉村亜沙美先生(歯科衛生士 東京都)

シンポジウム(大講堂 2F)(15:10〜16:40)
      「歯科矯正用アンカースクリュー −現状と未来−」
      シンポジスト 20分×3名
      飯嶋雅弘 先生 北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野
      佐藤嘉晃 先生 北海道大学大学院歯学研究科 歯科矯正学教室
      河上宗博 先生 医療法人社団 麻生矯正歯科

症例発表(展示)(第1会議室 4F 10:00〜15:00 質疑応答 13:30〜14:00)

1.上顎歯列はリンガルブラケットで治療を行った成人叢生症例
      しのだ矯正歯科(札幌市) ○篠田充巨

2.上顎左側中切歯、側切歯の欠如を伴う開咬症例
      みさき矯正歯科(北見市) ○三崎浩一、角野晃大、小原三郎

3.術後9年経過した上下顎前突症例
      二期会歯科クリニック(札幌市) ○正木史洋、大西康友

4.下顎正中を偏位させて治療したアングルII級叢生の二期治療
      スマイル矯正歯科(札幌市) ○高木伸治

5.術後長期経過観察を行ったI級叢生症例
      E-line矯正歯科(札幌市) ○上野拓郎

症例報告(第1会議室 4F 10:00〜15:00)   口頭試問(第3会議室 4F 13:30〜14:00)

1.著しい叢生を伴う成人II級症例
      医療法人 岡田歯科(大阪市) ○山崎 篤

2.下顎前歯に先天欠如を伴う上顎前突症例
      宇賀矯正歯科(札幌市) ○宇賀 大

集合写真撮影(エントランスホール 1F 16:50〜)

懇親会(第1会議室 1F 17:00〜)



学会・研修会情報 > バックナンバー > 2013年